ビーグレンでニキビ跡を治せるかどうか知りたい人向けに、口コミでのビーグレンの評価や美容液の効果的な使い方などをお伝えしています。

ビーグレンでニキビ跡が治った!

ビーグレンって効果なし? 使い方を一度確認することが大切

2017年08月12日 11時00分

■ にきびに十分な効果が得られないとき

いろんな口コミを見てビーグレンを買ったけれど、
思ったような効果が出ずに、

「あの口コミはウソ?」

と感じることが少なからずあります。
例えば、ビーグレンのcセラムを使ったときに、

「かえって荒れた(乾燥した)」

という方が結構いらっしゃいます。

人の肌は千差万別ですので、
どんな人にも効く万能薬ではないということは
認めないといけないでしょう。

でも、「効果ない!」
と判断するまでに確認して欲しいことがあります。

それは、ビーグレンの使い方です。

cセラムにしろ何にしろ、「使い方」はとても
大事です。

それをもう一度見返してください。
そして、それでも改善しないなら、
ビーグレンに相談してみてください。

まずは、効果を出す使い方をしているか見直す、
ということですね。


■ 効果を出すには、肌を整えることが大事

その効果を出す使い方についてお伝えします。

にきびになっているというのは、
その箇所が炎症を起こしているということです。

皮脂が多く出ることによって毛穴が詰まり、
その結果体内の老廃物が出にくくなって
毛穴の奥が炎症を起こす、

そういうメカニズムでにきびが発生します。

ですから、肌は傷んでいる状態です。
そこに強力な美容液が入ってくると
傷んだ肌が負けることがあります。

そこで、まずは肌を整えておいてから使う、
ということが大事になります。

その使い方というのが、
化粧水、保湿ゲルのあとにcセラムを使う、
というcセラムを使う順番です。

やはり化粧水、保湿ゲルで肌を整えると
cセラムが効きすぎるという状態を防ぐことができます。


■ 効果がなければビーグレンに聞いてみる

このように効果を出す使い方があるのです。
使い方を間違うと反対に肌荒れを起こすという例に、

・かえって乾燥がひどくなった
・にきびがなかったのににきびが出てきた
・ライン塗りしたらその箇所の乾燥がひどい

などの症状があります。

せっかく買った美容液ですから、

メーカーが訴えるような効果や使用者の口コミのような
成果を期待したいですもんね。

それでね、効果を最大化するためにも、
ビーグレンに問い合わせることを遠慮しないでおきましょう。

ビーグレンの商品を購入すると、
その後いかがですか〜といったメールが届きます。

何か効果に不満がありましたら、
このメールに返信で問い合わせすることも
可能ですよ。

そのとき、なるべく自分の症状や使い方、
特に順番を含めた使い方をちゃんと書きましょう。

洗顔して、cセラム使って、化粧水して…
といったことです。

そういったこともきちんと伝えることで、
本当に効果のある使い方を教えてくれます。

ビーグレンを上手に使う方法でした。