ビーグレンでニキビ跡を治せるかどうか知りたい人向けに、口コミでのビーグレンの評価や美容液の効果的な使い方などをお伝えしています。

ビーグレンでニキビ跡が治った!

ビーグレンで美白効果があるのは、肌の奥に効かせる浸透力の差

2017年08月12日 11時08分

■ 美白は表面だけでは治らない

肌のシミやソバカスなど、肌のトラブルを
治していくためには、表面だけ対策しても
ダメです。

お化粧でシミやソバカスを見えなくすることも
もちろんいいのですが、一番望ましいのは、
シミやソバカスをなくすことですよね?

お子さんを産んでもなお、肌がきれいな人がいます。

普通は出産後どうしても色素沈着したり、
肌が衰えてしまいますが、それにも負けず
きれいな肌をしている人を見ると

とてもうらやましくなります。

肌のきれいさはお化粧では隠すことができません。
本当にきれいなままでいたいのなら、
肌の奥からきれいな状態を作るしかないのです。


■ 紫外線が肌の奥にトラブルをもたらす

シミやソバカスは決して肌の表面だけに発生している
わけではありません。

紫外線が肌の奥に届いてトラブルを発生させるのです。
ところが、紫外線はどんなにがんばっても
100%防ぐことなどできません。

UVケアをしっかりやったところで、それをすり抜ける
紫外線を防ぐことなどできないのです。

そうやって肌の表面を過ぎて肌の奥に届いた
紫外線がダメージを与えます。

つまり、肌の奥の方にトラブルは発生するのです。
そのトラブルがシミやソバカスの原因になります。

その肌の奥のトラブルを解消しないと、
いずれシミやソバカスになって現れます。

もう、本当にイヤになりますね…


■ 肌に浸透するかどうかが効果の有無を決める

結局、シミやソバカスの元から治していくなら、
肌の奥に浸透して紫外線のトラブルを受けた箇所に
効く必要があるのです。

そのために大事なことは浸透力なのです。

肌の表面は皮脂という脂があります。
ところが、美容液はほとんどが水溶性です。

この水溶性の美容液は脂に浸透しにくいのです。
わかりますよね?水と脂ってことです。

これを解決するためには、皮脂があっても
中に入っていくだけの浸透力が必要なのです。

その浸透力を持たせているのがビーグレンなのです。

ビーグレンはQuSome(キューソーム)テクノロジーを
開発し浸透力を高めています。

このテクノロジーのポイントは何かというと、
美容液の成分を皮脂と似た成分でコーティングし、
浸透しやすくしていることです。

水と脂のように成分の性質がまったく違うものは
混じるのが難しいですね。

似た素材であれば混じりやすくなるのです。
そこで、同種の成分でコーティングしているのですね。

こうやってコーティングするところが
ビーグレンのテクノロジーなんですね。